メインイメージ

アメリカで会社設立

アメリカで会社設立するには


現代は国際社会で日本にも外国の企業がたくさん入ってきています。逆に日本から外国に進出する企業も少なくありません。しかし海外で会社設立をしようとするのは日本での会社設立とはまたやり方が違います。

例えばアメリカで会社設立するとしたら、その州のルールを知っておく必要があります。アメリカの中でも有名な州にカリフォルニア州がありますが、カリフォルニアで会社設立を使用としたらまずインコーポレーションワークシートを作成する必要があります。これは会社や取締役などの必要な情報を書き込み、弁護士やコンサルタントに手続きを依頼するものです。会社設立に必要な書類に不備があると手続きがスムーズに進まないことがありますので間違いがないように作成しましょう。アメリカの弁護士の中でもビジネス法の弁護士に依頼するのが良いです。費用は1000ドルから5000ドル見積もっておくとよいです。

それから会社名を決めます。会社を設立する州ですでにある会社名と同じだったり、似たような名前がある場合はその名称は使用できません。すでに同じ名前があった場合は全く異なった名前にするか、ビジネス内容を示す他の単語をつけて違う会社であることを明確にするか、もしくは名前を買い取ることになります。

会社名が使えることがわかればすぐに定款を登録するか、定款を提出するのに時間がかかる場合は予約をします。予約は60日間有効で費用は10ドルほどします。

その後、定款を登録します。会社名、会社の目的を記します。一般的には法的に許されている事業すべてと記載します。あとは訴訟書類送達代理人、授権株式数、その他の記載事項などです。その他には取締役の免責や補償を明記することが多いです。取締役を選任し、第一回の取締役会の開催をします。これは実際に会議を開かなくても書面による決議でもOKです。年次報告書を申請し、フェデラルタックスIDナンバーを取得します。このIDナンバーがなければ会社としての銀行口座を開くことができないのです。あとは株式を発行し、従業員の給料から失業保険と障害保険の掛け金を源泉徴収してEDDに払い込むためのIDの取得や外国資本がアメリカに入ってくる動向を調査するための書類の提出をしてビジネスライセンスを取得します。あとはビジネス上で使う通称を登録し、ビジネスでの使用を目的としたすべての器材、備品、必需品などを郡のオフィスに申請します。そして通販許可を取得して完了となります。

Copyright©2017 会社設立を海外で All Rights Reserved.